◆お礼の手紙・はがきの書き方

★すぐ役立つお礼・祝いの手紙マナー&文例集

お礼状の書き方の基本パターンと文例


★そのまま使える! ビジネスマナー・文書―手紙、メールの書き方


お礼状お礼文)では、礼儀正しいことと、ある程度格式のある書き方が求められます。
大げさな表現はいりませんが、感謝の気持ちを素直に手紙で伝え、相手に満足、喜んでいただく工夫をします。

お礼状、お礼文では、初めに感謝の気持ち、言葉を伝える書き方をします。

例えば、拝啓、季節の挨拶の後に、次のような文例を入れます。

 ・先日は、お忙しい中、ご教示をいただきありがとうございました・・・
 ・このたびは、お中元(お歳暮)の品をいただき、ありがとうございます・・・

また、手紙の最後にも、
 ・まずはご無沙汰のご挨拶方々、お礼まで。
 ・お礼方々、ご報告いたします。

などの文例のように、お礼状、お礼の手紙を締めくくります。

◆手紙・はがき基本文例集最新版

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。