◆お礼の手紙・はがきの書き方

★すぐ役立つお礼・祝いの手紙マナー&文例集

お礼状〜お中元・お歳暮の例文

お中元お歳暮をいただいた時は、すぐにお礼手紙お礼状)を書きましょう。

お中元、お歳暮のお礼を、電話で済ますこともありますが、一番丁寧なのは、自筆のお礼の手紙やはがきを書くことです。

お中元、お歳暮のお礼状の書き方は、長文を書く必要はありません。手紙でなく、ハガキでも構いませんので、受け取ってすぐに書くことが重要です。

お中元、お歳暮への感謝の言葉に、近況報告などを添えるのが、書き方のポイントです。それで、立派なお中元、お歳暮のお礼状になります。


お中元お歳暮)のお礼状文例サンプル

 拝啓 暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?・・・
 さて このたびはご丁重なお中元の品をお届けいただき、誠にありがとうございました。
いつもお心づかいをいただき、恐縮しております。
 まだまだ、厳しい暑さが続きますが、健康にはご自愛ください。
まずは、とりあえずお礼方々ご挨拶まで。
                        敬具


★そのまま使える! ビジネスマナー・文書―手紙、メールの書き方


ありがとうを伝えるお礼の手紙・はがき/西村佐和子

ありがとうを伝えるお礼の手紙・はがき/西村佐和子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。